top of page

ナダホールディングス、メディアテックのプラットフォームを活かし、エッジAIの潜在能力を引き出す

ナダホールディングス社(NADA HOLDINGS/智寶國際)はメディアテックのLoRA Fusion(ローランフュージョン)を統合し、PCやモバイルデバイスで高品質な画像を迅速に生成できる最新のAIアニメーションアシスタントソフトAIFRED(アイフレッド)を開発しました。


この技術はStable Diffusion v1.5の基本モデルとLoRA fine-tuningを組み合わせ、特定のキャラクターを生成することができます。AIFREDの開発は、ACG産業基準を満たすだけでなく、メディアテックのGenAI Security暗号技術を組み込んでおり、著作権を保護し、未承認のコピーとネット配布を防ぐことができます。


さらに、ナダホールディングスはサイクルテック(中雍科技)と協力し、AIによるフレーム補間技術を開発しました。これにより、アニメーション制作のプロセスが大幅に短縮化され、アニメーターの作業負担が軽減することができます。アニメーターは重要な画面の創造に専念し、その画面をAIに任せれば自動生成可能です。制作時間が約20%節約されると同時に、動画はより滑らかに表示され、ディテールアップすることができます。この技術は、広告、映画、ゲームなどの画像出力が必要な他の産業にも適用され、世界のACG産業の品質と効率を高めることができます。


Global View Researchの報告によると、2030年までに世界のアニメーション市場は600.7億ドルに達すると予想されており、2018年から2030年までの年平均成長率は9.8%になります。従来のアニメーション制作は、アニメーターがフレームごとに作業する必要があり、非常に時間がかかり、さらに品質と効率を同時に確保することが難しいです。AIFREDは中間フレームを自動生成できるため、アニメーターの作業量が大幅に削減され、アニメーションの滑らかや品質が向上します。


ナダホールディングスのAI技術、特にAIFREDの開発は、アニメーションの品質と生産性を向上させるだけでなく、

ACG産業に新たな力と機会をもたらしています。さらに、ナダホールディングスはJP GAMESと中雍科技とも協力し、このフレーム補間の自動生成技術をゲーム開発キットに応用することで、3Dモデリングの作業時間を大幅に短縮可能としました。


総経理の林士勛氏は、これらの技術の開発と応用により、クリエイターがより創造と革新に専念することができ、同時に世界のACGコンテンツの品質がに飛躍的に上昇することができると述べています。

最新記事

すべて表示

LuggAgent、東京から関西へ手荷物の当日輸送サービスを開始

世界中の荷物コンシェルジュサービスを提供するLuggAgent(行李特工)は、東京地区から関西地区へ旅行手荷物を当日中に輸送するサービスを5月6日から開始しました。 成田空港から東京都内のホテルへ輸送するサービスは既に提供していましたが、東京地区から関西地区へのサービスは行われておらず、インバウンド旅行会社などから熱望されていました。 朝ホテルのカウンターに荷物を預ければ、当日中に関西のホテルへ届

三普投資でイノベーションを加速、FunNowとSparkLabsの創業成功へ旅

スタートアップ企業が成功するためには、「中間人」という役割が欠かせません。台湾には、多くの組織がこのような中間人の役割を果たし、スタートアップ企業が起業の難関を乗り越えるお手伝いをしています。例えば、FunNowと律果科技は、これらの中間人の支援を受けて初期の成功を収めました。 FunNow:即時予約プラットフォームのクロスボーダー成功ストーリー 三普投資に支援されたFunNowは、台湾発祥の即時

株式会社YTEと翔英融創が文策院と手を組み、台湾のアニメIPの海外展開を支援

台湾の潜在的なIPを開発し、漫画やアニメの制作を支援し、作品を海外に展開するため、文化コンテンツ振興院(文策院)は、2024年3月28日に日本の株式会社YTEと翔英融創との間で合作関係を築き、日本の東京でMOUに署名しました。この提携により、台湾のアニメ産業の国際的な制作開発能力と国際的な配信ルートが向上することを期待しています。 この提携において、三者は「台湾のオリジナル漫画やアニメ作品」に対し

Comments


bottom of page